コミュ障エンジニアの仕事術・IT活用術

【ITエンジニア】テスターから要件定義を任されるエンジニアに這い上がった話①

でっくん
でっくん
こんにちは。コミュ障ITエンジニアのでっくんです。

今回は「テスターから要件定義を任されるエンジニアに這い上がった話」というテーマで3回に分けてお話していきたいと思います。

この記事では、新卒1年目で信じられないミスを繰り返し、テスターの仕事しか任されなくなった私が、要件定義を任されるまで這い上がった話を書いていきたいと思います。

でっくんはこんな人

・新卒8年目のITエンジニア
・新卒で100名ぐらいのシステム会社に就職
・就職するとミスを連発。部署をたらいまわしになる
・4年目に転職。運よく某東証一部上場企業に潜り込む。
・現在は要件定義からリリースまで満遍なくこなす。

本記事では、

  1. 【ダメダメ期】新卒1年目~2年目
  2. 【テスター時代】新卒3年目
  3. 【転職に挑戦】新卒4年目

の順でお話していきたいと思います。

今回は【ダメダメ期】新卒1年目~2年目のことをお話していきたいと思います。

本記事では、新卒1年目~2年目の私がいかに使えない存在だったかをお話していきます。

8年目を迎えた今振り返っても、私よりレベルの低い新卒はなかなか見つからないと思います。

新卒1年目

新卒ダメダメ期 1年目~2年目

ここからは、私が1年目~2年目にやらかしたエピソード3つをご紹介します。
当時の私はプログラムが動く環境をよく壊すので、「クラッシャー」と呼ばれていました。

では張り切って行ってみよう!

顧客環境のファイアウォールの設定変えて怒られる

顧客環境でプログラムのテストをしていた時のこと。会社で動かしていた時は、上手く動いていたプログラムが上手く動いてくれません。

あるサーバからデータを取ってこようとしてもどうしても取ってこれずに通信が切れてしまう・・・ 困った私が手を伸ばしたのは「コントロールパネル」。ファイアウォールの設定を確認するだけのはずが、設定を変えてしまい、WEB画面が開かない状態に。

先輩が気が付いて対応してくれたため、顧客には見つからずにすみましたが、見つかっていたら大事件になる所でした。

顧客の環境を勝手に変えてしまう、危険すぎる新人でした。

結合環境のファイルを上書きしてWEB画面が起動しなくなる

これもよくやっていましたね。結合環境で動いているWEBシステムのファイルをバックアップも取らずに上書きして、WEB画面が起動しなくなることが度々ありました。(リポジトリに資材管理していなかったプロジェクトの問題もありますが・・・)

バックアップも取らずに、ファイルをガンガン更新する危険すぎる新人ですね。

進捗遅れているのに放置して、数週間分の遅延を出す

コミュ障をいかんなく発揮していた私。当時の私には「スケジュール管理は上司がやるべき」という考えがありました。

スケジュールが遅れていても、上司から何も言われなかったので遅延を気にせず定時退社を繰り返した結果、数週間分の遅延になっていました。

遅延が発覚した後は別のプロジェクトに異動に。今考えても使えなさすぎる新人です・・・。

やらかした私に待っていた辛い出来事

信じられないやらかしを繰り返していた私。そんな私は周囲から白い目で見られるようになっていきます。次に私が受けた辛い出来事を紹介していきます。

プログラムを組ませてもらえなくなる

先にお話ししたとおり、「クラッシャー」認定された私は、2年目にはプログラムを組ませてもらえなくなりました。1年目の後輩が楽しそうにプログラムを組む中、私が任されるのはテストばかり。

また、顧客のパソコン30台に同じ設定をするような単純作業も増えてきて辛いものがありました。

後輩からも白い目で見られる

新卒2年目になると後輩も入って来ました。最初はOJTを任されましたが、不運にも後輩は理系の院卒。半年もするとバリバリ設計を任されるまで成長。顧客との調整もするようになりました。

一方の私はテスターとして後輩が作ったプログラムのテストをするだけ。後輩は言葉には出してきませんが、段々白い目で見られ始めているのを感じていました。

上司が自分の悪口を言っているのを聞いてしまう

これは私が一番辛かった出来事です。前の職場では、仕事を円滑に進めるために、上司の提案でチャットのできるアプリを導入していました。

上司に教えてもらい、チャットアプリをインストールした私。するとショックな事実が。。

チャットは私がアプリをインストールする1ヶ月前から運用が開始されており、上司と同僚で仕事の話をしていたのです・・・。

これだけでも十分ショックだったのですが、過去の会話を追っていくと私の悪口が・・・。

その上司にはいつもニコニコしていて優しい印象を持っていたのでかなりショックでした・・・。

新卒ダメダメ期 1年目~2年目のまとめ

改めて、新卒1年目~2年目の出来事を振り返ってみると、本当に散々だったなと思います。これよりひどい新卒も中々いないのではないでしょうか。

ミスを繰り返すと、あっという間に周りからの信頼を失い、職場に居場所がなくなってしまうことを実感した時期でした。

でも安心してください!次回以降、私は徐々に仕事の感覚を掴み、自信を取り戻していきます。

この記事を読まれている方の中には、新卒1年目や2年目で苦労されている方もいるかもしれません。私が職場で戦力になることができたのは3年目からです。

なので、新卒1年目や2年目で上手くいかなくても、もう少しITエンジニアの仕事を続けてみて欲しいです。コツコツ続けていけば、必ず活躍できる仕事です。

次回の記事では、テスターとして過ごした3年目の出来事を書いていきます。

新卒の時に苦労した経験は他の記事でも詳しく書いています!併せて読んでみてねー!

新卒ITエンジニア1年目に苦労したことと解決策を紹介!~社会人8年目の僕が思うこと~

では!

 

ABOUT ME
でっくん
でっくん
神奈川県で生まれ育った30代。 鳩サブレとシウマイが大好きです。 横浜ベイスターズの優勝を見届けるのが夢です。